Instagram

 

>
>
食器洗い機入れ替え

食器洗い機入れ替え

新築時に システムキッチンに組み込んであった食器洗い機が スタートボタンを押してもスイッチが入らなくなってしまいました。

普段は4~5人用に 1日分を入れて夜に洗うという サイクルで使用していましたが、暮れから正月、そして夏休みの子供たち家族が帰省してくる時期には、10人以上と普段の5倍の人数にもなり、朝ご飯が終わって片づけをしながらお昼を、そして夕飯のことを考えながら・・・(どこのご家庭でもそうではないかと思いますが。)

そんなときには無くてはならない存在で、17年間よく働いてくれて、それはとても心強い 私の味方でした。

 

スイッチが入らなくなってから、しばらく入れ替える機種を検討しました。が、現在の大半のメーカーは引出し式のスライドオープンスタイルの機種がメインで、一昔前に主流だったフロントオープンの機種は少なく、展示してあるメーカーなかなかありませんでした。しかも、長年愛用してきたフロントオープンの収納量に比べ、スライドオープンの収納量は明らか

に少なかったのです。それにメイン料理を大皿に盛り付けるのが好きな私は、大きなお皿が洗える事も条件でした。

 

   

スイッチの入らなくなった

食器洗い機。17年間ご苦労様。

  大容量で使いやすかった庫内  

新しい食器洗い機

ラックがステンレス。上下別々にスライドするので使いやすい。

 

インターネットでいろいろなメーカーのフロントオープンの食器洗い機をさがし、ハーマンとリンナイにたどり着くことが出来ました。(金額面も込みで)

 

リンナイの機種を展示してある岡山のショールームまで足を運びましたが、残念ながらフロントオープンの機種は展示してありませんでした。しかし、そこで、食器を立てるツメ(スタンド?)の形状にもこだわっていたので、リンナイの庫内の食器収納ラック(カゴ)を確認でき、足を運んだ甲斐はありました。(応対してくださったショールームレディーさんは『新米ですが・・・』とおっしゃりながら、丁寧な対応をしてくださいました。)

 

   

ハーマンの45センチ

面材を入れる前はこんな色です。

  前の機種の面材を少しカットして入れました。   システムキッチンと同じ色になりました。
 

 

最終的に 購入を決めたメーカーは 収納ラックのツメがステンレスだった ”ハーマン” でした。

 

面材が使えない機種しか無いなら 違うのもありだとも考えましたが、使えるとシステムキッチンとの一体感があるので

ハーマンは使っていた前の機種と寸法が同じくらいで、現在のシステムキッチンの面材を使えるという点が決め手になりました。

 

こうして、食器洗い機入れ替え工事が完成しました。 

こだわって探した食器洗い機は使い勝手がよく、とても満足しています。ありがとうございました。