Instagram

 

>
こだわり車庫のある家

こだわり車庫のある家

 「和風の木の家」に住みたいとのご希望だったお施主様は 農地転用の申請・造成工事おまけに町の道路拡幅工事などが

あり、 出会いから3年半の時をかけて 完成しました。

仕事柄 機械いじりがお好きなご主人は 車庫に書斎を計画し、男のロマン実現の礎を築かれました。

奥様は 家事・育児と仕事を両立するために使い勝手の良い間取りを考えられ、設備に こだわられました。

『木』には 玄関ホールは松フローリングと桧の腰板。リビング・ダイニングは桧。子供室は肌ざわりのやさしいやわらかい杉のフローリングを張られました。

アパートでは 足音などに気兼ねをしながらお暮しでしたが、これからは 木の香りに包まれて のびのびと暮らせます。

 

   

和風の化粧垂木を見せた住居と

黒いガルバリュウーム鋼板の車庫

  車の整備をしたり機械いじりを家族に気兼ねなくできるように、トイレと手洗いを取り付けました。   ご主人の書斎スペース

 

   

玄関框は 施主様支給の欅。

式台は桧、フローリングは無垢松材

  腰板も桧無垢板を張りました。  

玄関横にあるシューズクローゼットは大容量で扉には鏡がついていて

お出かけ前のチェックに役立ちます。

 

   
LIXIL製の サティスですっきりとしたトイレ  

リビングは 急な来客時等には 3枚引き込戸で 仕切って独立した

部屋になります

  ダイニングキッチンもゆったりとした12帖。

 

   

奥様こだわりのシステムキッチンは

クリナップ製のステンレスのSS。

シンクも大きく使い良さそうです。

 

カウンターの立ち上がり部分には

小物の置ける棚を創ってもらいました。

 

ダイニングにはドイツスティーベル製の蓄熱暖房機を据え付け、棚を取つけてあり 使いやすそうです。